2012年10月30日

韓国の八百長事件、投手2人有罪 球界から

韓国プロ野球界の八百長事件をめぐり、大邱地裁は18日、投手2人にそれぞれ懲役6カ月執行猶予2年と追徴金の有罪判決を言い渡すとともに、120時間の社会奉仕を命じた. 韓国野球委員会はこれを受けて2人を永久失格処分とし、野球界から追放する措置を取った. 2人は昨年、計5試合で八百長に加担. ブローカーからそれぞれ、500万ウォン(約36万円)と700万ウォン(約50万円)を受け取っていた. 韓国プロスポーツ界では昨年から今年にかけ、野球だけでなくサッカーやバレーボールでも八百長が相次いで発覚し、政府が官民を挙げて対策に乗り出す事態になっている. 2011年11月に独自のサブスクリプショ (ソウル=貝瀬秋彦).
posted by HazukiChinen at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: