2015年10月20日

スターゲイザー杉浦沙也が『機動戦士ガンダム EX

バンダイナムコゲームスは、4月上旬に稼働を予定しているアミューズメント施設向けACT『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST(エクストリームバーサス フルブースト)』の新情報を公開した. 本作は、2010年9月に稼働した『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』を大幅にバージョンアップした、AC『機動戦士ガンダム VS.』シリーズの最新作. 『ガンダム VS.』シリーズ最多となるモビルスーツ(MS)が参戦し、過去シリーズで人気だった機体や新たなMSが続々登場する. また、"エクストリームバースト"が2種類から選択するといった、システムの変更も行われている. 今回明らかになったのは、本作から参戦する3機体の情報. 本作をプレイするつもりの人はぜひ確認しておこう. ●参戦する3つのMSが明らかに スターゲイザー OVA『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-』に登場した機体で、DSSD(深宇宙探査開発機構)が独自に開発したMS. ヴォワチュール・リュミエールと呼ばれる惑星間推進システムの搭載と、高度な自律性を備えたことにより高い水準での無人運用が可能. 可変アーム機構によって自在に変形するリング状構造体から、鮮烈な発光現象をともなう高Gの推力を長時間発生させることができる. パイロットはソル・リューネ・ランジュ. ヴィクトリーガンダム 『機動戦士Vガンダム』よりヴィクトリーガンダムが参戦. リガ・ミリティアが、ザンスカール帝国軍の軍事的脅威に対抗すべく推進したMS開発計画"V(ヴィクトリー)プロジェクト"に基づき開発された. 変型・分離・合体が可能で、さまざまな運用に応じた形態が取れて、装備換装によって性能強化が可能. パイロットはスペシャルと称された、ウッソ・エヴィン. インパルスガンダム インパルスガンダムは、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にて活躍した機体. ザフトの試作型MSで、分離・合体及び変形機構を持つ可変MS. フォースインパルスガンダム、ソードインパルスガンダム、ブラストインパルスガンダムに換装でき、状況を選ばず行動できる. パイロットはシン・アスカ. カプコンは、3月8日に発売するPS3/Xbox 360用ソフト『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』の店頭体験会を開催する. 本作は、カプコンの『ストリートファイター』の世界観に、バンダイナムコゲームスの『鉄拳』のキャラクターが登場する格闘ゲーム. 2vs2のタッグバトルを採用し、人気キャラが入り乱れてのバトルが展開する. 『ストリートファイター』シリーズおなじみの6ボタン操作がベースだが、4つボタンで出せる『鉄拳』コンボも多数収録されているので、どちらのユーザーも楽しめるようになっている. 店頭体験会に参加した人には、先着で"カプコンオリジナルボールペン&メモ帳"がプレゼントされる. なお、3月3日の会場にはPS3/Xbox 360『ドラゴンズドグマ』が、10日の会場にはPS3/Xbox 360『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』が同時出展される. 店頭体験会スケジュール(使用ハードはPS3版となる) 2012年3月3日 13: 00~17: 00 ソフマップ アミューズメント館 2012年3月4日 13: 00~18: 00 ビックカメラ池袋本店 2012年3月10日 13: 00~17: 00 ソフマップ なんば店 ザウルス1 参加者に配布される、"カプコンオリジナルボールペン&メモ帳". また、ソフト発売日である3月8日から約1カ月間、全国の特定店舗で本作をプレイ可能. 遊べる店舗には、ポスターが張られているため、目印にしてほしい. 詳細は、公式サイトでチェックしておこう. このポスターが張ってある店舗で、『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』を体験可能. なお、諸事情により実施内容が変更される場合がある. 5月18日、バンダイは新たな超合金シリーズ"スーパーロボット超合金"を8月より展開していくことを明らかにした. このシリーズは、全高約140mmサイズのコンパクトさと関節部分の可動域の広さをウリとしたブランド. また可動域だけでなく、プロポーションのよさにもこだわっている他、超合金の特徴である"重量感"もしっかりと兼ね備えたアイテムとなっている. それでは、発表会で公開された情報を資料とともにお届けしていく. 発表会では、とにもかくにもサイズがコンパクトであることを強調. これまでの超合金アイテムから"サイズの大きさ"を大幅に変えることで、新たな需要を狙う試みだ. ホビーであることの大前提として、可動域の広さもプッシュしていた. 一見動かしづらそうに見える『アルトアイゼン』も、しっかり動かして遊べるという. 『マジンガーZ』と同時発売になる『マジンガー武器セット』には、ロケットパンチのエフェクトパーツが付属するという. 後に発売される『グレートマジンガー』にもこちらのパーツは使えるようだ. また本日の発表会には、『スーパーロボット大戦』シリーズのチーフプロデューサーにしてバンプレストの取締役である寺田貴信氏も来場. バンダイコレクターズ事業部の企画開発第1チームマネージャー・田中宏明氏とトークセッションをしていくことに. ナイキ エアマッエアジョーダンクス通販のチャプター 「(超合金については)形状よりも可動が気になるタイプ」と話す寺田氏は、『アルトアイゼン』の監修に携わったとのこと. セッション中に「"スーパーロボット超合金"の第一印象は? 」と聞かれると「とにかく、よく動くなぁとビックリしました」と感心した様子で話していた. 寺田氏が最初に買ってもらった超合金は『マジンガーZ』とのこと. 「『コンバトラーV』も欲しかったんですけど、5体は買ってもらえず『バトルジェット』だけしか持っていませんでした(笑)」と超合金にまつわる思い出を披露してくれた. 「マジックで落書きしたり、『ガイキング』の背中の羽を取って大泣きしましたね」と、ひとしきり超合金にまつわる思い出を話してくれた寺田氏. 「どんな超合金アイテムが欲しいですか? 」という質問には「台座から効果音が出るアイテムはありましたが、動かした場所から音がする超合金が欲しいですね」と田中氏に要望をぶつけていた. ちなみに、『マジンガーZ』の胸部にファンを仕込んで技の1つである"ルストハリケーン"を再現しようという話もあったのだとか. 田中氏は「バンダイにいると、3年に1度はそんな話が出ますね(笑)」と笑いながらコメントしていた. 寺田氏が気になっていたというのが『マジンガー武器セット』の強化ロケットパンチの大きさ. 「大きすぎません? 」と訪ねる寺田氏に、田中氏は「ゲームですと、ブレストファイヤーよりも強化型ロケットパンチの方が攻撃力が高いじゃないですか. それを意識しました」とのこと. 『スーパーロボット大戦』シリーズが来年で20周年を迎えることについて話がおよぶと「10周年は特に何もしませんでしたので(笑)、今回は何かやりたいね、ということで企画しています」と答えていた. シリーズファンは来年の動向に注目しておくといいだろう. こちらが手に持ってみた様子. また、東京・大阪・名古屋・博多・札幌の全国5都市でプレビューキャラバンを行うとのことなので、開催店舗の近くに住んでいる人は足を運んでみては? シリーズ展開開始となる8月には第1弾の『マジンガーZ』と『マジンガー武器セット』を発売. その後には『グレートマジンガー』、そして『スーパーロボット大戦』シリーズに登場した『アルトアイゼン』をリリースしていく予定だという. その後は、『勇者ライディーン』、『ゴッドライディーン』、『サンバルカンロボ』、『シンケンオー』、『サイバスター』などのラインナップが予定されているということだ. 以下に、本日会場に展示されていた"スーパーロボット超合金"のサンプルアイテムの写真を掲載するので、ぜひチェックしてもらいたい. また次ページでは本日会場で展示されていたバンダイコレクターズの新アイテムもギャラリー形式で紹介する. 気になる人は、こちらもご覧いただきたい. スーパーロボット超合金 →バンダイコレクターズの最新アイテムはこちら!!(2ページ目へ) 1 2 次へ.
posted by HazukiChinen at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: